印面をまじまじと見つめて

イメージ画像

事務の人だとよく見るかもしれませんが、基本的にはほとんどの人があまりまじまじと見つめる事のない社印。
実はまじまじ見つめると意外な事がわかったりします。
社印を見てみると、時折通常の会社名の他にも文字が彫り込まれている社印が存在します。
見たことがある人もいるかもしれませんが、印だったり之印という風に追加で文字が刻み込まれている場合があります。

これが一体何なのか、実はこの追加文字の理由を私はつい最近まで全く知りませんでした。
というかそんな文字追加されているという事自体知りませんでした。
あまり社印をまじまじと見る機会もありませんでしたので。
本題に戻りまして追加文字についてのお話です。
この追加文字皆様はどんな意味があって刻み込まれているかをご存知でしたでしょうか。

この追加文字、実は完全なる見た目のバランス修正の為の文字なのだそうです
印鑑、特に社印ともなると単なる丸の印鑑ではなく四角形の印鑑が作成されている事がほとんどですのでどうしてもそのままの字数での修正が丸より難しい状態になります。そんな時バランスを取ってレイアウトが出来るように追加で文字を足して綺麗に印字を揃えるのだそうです。

個人の印鑑は丸い印面なので余り意識しなかったのですがこういった細かい部分にも印鑑の印面が美しく見えるように工夫されているんですね。
でも工夫が素晴らしいと思う反面これが個人名の時の事を考えて自分の名前の下に之印が付いて何となく名前が延長されたような感じに見えた時の事を想像してしまいちょっと笑ってしまいました。

〔関連商品のご紹介〕
印鑑のことなら、個人の印鑑から会社設立印まで、
印鑑卸売市場は高品質な製品のインターネット通販です!
⇒法人印鑑3本セットがお勧めです!
印鑑のサイズと用例
http://www.long-thibaud.jp/

このページの先頭へ